2013年4月アーカイブ

日常使っている物には、便利な物がいろいろあります。そして、デザインが異なるだけの様々な商品がたくさんあります。簡単に、便利な物やお気に入りの物が手に入る環境です。
環境問題・エコ問題への取り組みとして、こうした日常にありふれている物の日常生活での使い方を工夫する事で、様々な貢献ができます。その一つに、カレンダーの利用方法があります。
月ごとに変わるものや、数カ月単位のもの、日めくりカレンダーなど様々な種類があります。
そして、お正月が過ぎた頃には、価格が安くなり売られる場合がほとんどですので、こうしたカレンダーを卓上サイズのカレンダーや手帳へと変えたり、と再利用が可能です。
そして、本来の卓上カレンダーでは、しっかりとしたフレーム形のカレンダーケースに収まっている物が多く見られますので、こうしたカレンダーでは、卓上カレンダーケースが、便利に次年度の卓上カレンダーケースとして、再利用でき、また、その他には、写真フレームとしての利用にも便利です。
身近にある物の再利用を考えてみましょう。

 

カレンダーは、日付の確認をする際やスケジュール管理において、とても重要な役割を果たします。
中でも卓上カレンダーは、特にオフィスで使うのに適していると思います。
なぜなら、オフィスではたくさんの社員が働いているため、
カレンダーに一人一人のスケジュールを書き込んでいったら大変な事になってしまうからです。
しかし、卓上カレンダーなら自分専用にできるため、
自分だけのスケジュールを書き込むことができるのです。
さらに、個人が一人一人机の上にカレンダーを置くことができるので、
壁掛けカレンダーの設置してある場所にわざわざ見に行くという手間もかかりません。卓上カレンダーはたいていの場合コンパクトで、設置スペースをほとんど取らないため、
パソコンや様々な資料を置く場所を確保することができます。
最近では電子タイプのものなども開発されているようで、
ますますその機能性が向上してきています。
仕事を効率的に進める上で、とても便利で必要不可欠なものとなっています。

壁掛けタイプのカレンダーも便利ですが、私は卓上カレンダー派です。
卓上カレンダーを机の上や電話の近くに置いておくと、日程やスケジュールを簡単に確認する事が出来るので、とても重宝しています。
卓上カレンダーは、大きく分けると2つに分類できます。スパイラルリングで製本されたタイプと、専用のケースに入っているタイプです。私は以前はリング式を使っていましたが、一昨年からケース入りタイプに変えました。理由はとくにありませんが、4月スタートのケース入り卓上カレンダーをいただいたのがきっかけです。一般的にカレンダーは1月開始のものが多いですが、卓上カレンダーのケース入りに関しては、4月から始まる物も多数販売されています。4月からの新生活に合わせて、カレンダーも変えてみると、意外や意外、なかなかしっくりくるのです。学校(大学)職員という職業がらかもしれません。今年で2年目ですが、これからも4月始まりのカレンダーでいきたいと思っています。

私は最近卓上カレンダーを探していました。
それも、中くらいの大きさで、可愛く、見やすい実用的な面もあればと思っていました。
そんな時に、いつもファッション誌を買うのですが、ちょうど欲しい雑誌のおまけに、可愛いあるキャラクターの卓上カレンダーがついていました。
雑誌の内容も勿論必要としていたのですが、そのおまけでその雑誌を買うことに決めました。
早速中を開けるのは、大人も楽しいものです。
まず、その絵の可愛さに満足しました。
その後、決めていた置き場所に置きやすいかどうかを確かめました。
紙でできていましたが、すぐにしっかりと組み立てることができ、問題なく使用できることを確認しました。
そして、メモを書く所を見ました。
ちょうど良い大きさのスペースですし、思ったより書けるかもと思いました。
その卓上カレンダーの見やすさは、大きく月の数字が目立ち、曜日と日にちは適度な大きさで書かれています。
祝日も最近は色が変わっているのが減っている中、きちんと色が分けられているので、とても便利に今使っています。

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。